非情な隣人

JUGEMテーマ:韓国ニュース

飼い犬を食べさせようとした隣人

  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00000046-jij_afp-int



 『【AFP=時事】韓国の警察当局は11日、農業を営む男(62)が隣人の飼育する犬を殺して調理し、その肉を食べる夕食会に飼い主を招くという出来事があったことを明らかにした。

  飼い主に対して別の隣人が情報提供した後、男は犯行を認めた。

 いつもほえ付けることにいら立って石を投げたところ、2歳のコーギー犬が気絶したと供述しているという。  

 同国西部の平沢(Pyeongtaek)で取材に応じた警察関係者はAFPに対し「男は犬が気絶してから絞め殺し、調理したと述べている」と説明。

 さらに「男は犬肉を一緒に食べるため隣人らを家に招待した。その中にはこの犬を飼っていた家族の父親も含まれる」と話した。


  今回の事件は、飼い主一家の娘が今週、インターネット上で犯人の男に対する厳しい処罰について支持を求めたことで明るみに出た。

 この嘆願に対しては、これまでに約1万5000もの署名が集まっている。

  AFPの電話取材に匿名で応じた娘は、「行方不明の犬を見つけるため、私たちは町中を回り、犬の写真や電話番号、報奨金100万ウォン(約10万円)などの情報を記したチラシを配った」と説明。

 「私たちの家から3軒先で暮らすこの男の家に着いたとき、男は同情して、犬を見つけたら知らせると約束した」という。

 だが男はその時、生死は不明ながらも犬を納屋に隠していた。

 さらに次の日、男は娘の父親を訪ねて一緒に酒を飲み、行方不明の犬の件で父親を慰めていた。

  娘は「男が一緒に犬肉を食べようと、父親を含む隣人たちを招きさえしていたが、父親は犬肉を食べないので断っていた」と話している。【翻訳編集】 AFPBB News』


  韓国で起こった、とんでもない事件。
  動物愛好家はもちろん、普通の人でも耳を疑うような残酷な事件だよね。

 韓国では犬肉を食べる。

  それ自体、最近の国際情勢から言えば批判の声が上がるかもしれないけど、それは韓国の食文化ということで今回は触れない。

  同じ韓国人の間で起こった事件だからね。
 ただ、この犬の家族が激怒するのも無理はないなぁ。

  飼っていたペットがいなくなって、必死の捜索。 報奨金までかけてまで探したかわいいペット

  犯人の隣人にも声をかけ、同情された。しかもそいつは家に来て、一緒に酒を飲みながら慰めたらしい。

 でもでも、そんな態度を取っておきながら、そいつはペットの犬を殺していた。。。
 それだけじゃない。

 その犬を調理し、犬肉を食べるパーティーを開いて、その飼い主まで招待したという。
 一体どういう神経をしているのだろう?

 ジキルとハイドか???

  幸い飼い主は犬肉を食べなかったらしいけど、食べていたら、それこそ精神に異常をきたすことになっていたかもしれない。

  いなくなって必死に探すほど犬は家族として受け入れていたのだ。
 それは家族の人肉を食べるのと等しいくらいの状況だろう。

 必死に探しているのを知っていてそういう事をされると、もう人間不信に陥りそうだね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

韓国社会の周縁を見つめて 村祭・犬食・外国人 [ 土佐昌樹 ]
価格:3132円(税込、送料無料) (2018/4/12時点)

 

 

 

6万人中1位!をとった 「1分間勉強法」が自宅で学べる!
| 非情な隣人 | ビックリニュース |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

24年ぶりの感動の再会

JUGEMテーマ:中国ニュース

感動の再会

   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180405-35117261-cnn-int


  『(CNN) 中国南西部でこのほど、1組の夫婦が幼いころ行方不明になった実の娘と24年ぶりの再会を果たす出来事があった。

 この間、父親はタクシーの運転手をしながら娘に関する情報を集め続けていた。

 ネット上の呼び掛けに娘が気づいたことで実現した今回の再会の様子は全国に生中継され、大きな注目を集めた。

  当時3歳だった娘が消息を絶ったのは1994年。食べ物屋を営んでいた父親のワン・ミンジンさんが両替に出かけた間に姿が見えなくなったという。

 悲嘆にくれたワンさんと妻だったが、無事に見つかることを信じて自分たちで捜索を開始した。

  捜索の範囲を広げるため、ワンさんはタクシー運転手に転職。娘の名前と特徴、失踪場所などの情報を車内に掲示し、乗客一人ひとりに同様の内容を記したカードを手渡した。

 当時の娘の写真は持ち合わせていなかったため、顔写真にはよく似た姉妹のものを使用したという。
 いつか娘本人が客として乗り合わせるかもしれないとの期待もあったとワンさんは語る。

  成果が得られないまま長い年月が過ぎて行ったが、ある日突然、若い女性から連絡が入った。

 ワンさんがネット上に公開していた成長後の娘を想像して描いた似顔絵を見て、自分ではないかと思ったのだという。

 女性は27歳で、結婚し2人の子を持つ母親。ワンさん夫妻の住む成都から数千キロほども離れた吉林省に暮らしていた。

 行方不明になった直後、路上で泣いているのを発見した別の一家が里親として彼女を引き取り、育てていたという。

 この後ネットでのやり取り、テレビ電話、DNA鑑定を経て、女性がワンさん夫妻の実の娘のキフェンさんであることが判明。

 今月3日に実現した24年ぶりの親子の再会はマスコミで大きな話題となり、両者が涙ぐみながら抱擁する様子が全国に中継された。』

  中国で感動の再会

 幼い頃に生き別れた親子が24年ぶりに再会したのだ。 しかも娘の現在の所在地が吉林省というから、普通に暮らしていては絶対に交じり合わなかった。

 ネット社会の恩恵だろう。

  このニュースには色々な要素が凝縮されているよね。

(1) 父をはじめとする家族の執念 (2) 中国の養父母 (3) ネット社会


 先ずは(1)の家族の執念。 ワンさんはこれまでの食べ物屋を辞めて、娘の情報が集めやすいタクシーの運転手に転職。 これってなかなかできないよね。

  タクシーの運転手の資格も取らないといけないだろうし、何より他の家族を養っていかないといけない。 不安はあったと思うけど、行方不明の娘を第一に考えた家族。

  中国って毎年何万人という子供が誘拐され、売られている。 そんな中、絶対に諦めず、ずっと娘のことを思っていた家族の執念には頭が下がる。

  その思いが24年も経った親子再会につながったのだろう。


 (2)中国の養父母  

  これってちょっと日本人には理解できない部分。  

  普通日本人だと迷子ということで警察に届けるんじゃないだろうか。日本人だと間違いなくそうするよね?

  だって、そのまま連れ去ったら誘拐犯だよ。  

  中国では何万人という子供が誘拐され、人身売買されているという現実がある。  

  3歳だと子供自身は何も覚えていないに等しい状況であっただろう。 これが悪徳ブローカーじゃなくて良かったよ。

  日本人的感覚からすれば、この養父母の勝手な判断で養子にしたというのは決して褒められるべきことではない。実際、実の親は何十年と苦しんでいたんだからね。

 中国の警察を信用していないって事なのか、それともかわいいから自分達の子にしちゃおうって思ったのか?

 ただ、成人まできちんと養育するのは並大抵のことじゃないのも確か。  
 決して思いつきだけでできることじゃない。

 そして、養父母もきちんと娘に事情を話しておいたみたいだね。
  それで、娘さんもネットを見てもしかして自分ではないかと思ったんじゃないかな。

 もし養父母が隠したままだったら、血液型でも違わなければ本当の事はわからずじまいだったかも?  
 日本人的感覚で言えば養父母は厳密には誘拐犯だけど、中国ではどういう扱いなんだろうね?

 中国吉林省のように北部の人って、日本が戦争に負けた時も敵国の子供と知っていてちゃんと育ててくれた人が多かった。

 中国の北の地域って、そういう人情的というか、文化的背景もあるのかな???  
 その辺は中国社会の不可思議なところ。


(3)ネット社会   

 いくらワンさんが執念を見せたところで、2,30年前の中国だったら先ず再会することはなかっただろう。中国の国土は広い。  

 今回のように成都と吉林省は数千キロ。同じ町に住んでいても、人口の多い中国ではなかなか会うことができないのに、この距離なら先ず無理だよね。

 でも、ネット社会だから実現できた。ネットに娘の情報を載せていたら、全世界で見られる。

 中国も今ではネット環境が整備され、中国各地でチェックできる。  
 今回だってたまたま娘さんが気付き、自分じゃないのかと思って電話したのがきっかけ。  

 偶然と言えば偶然だけど、ネットが発達していない時代だったら有り得なかったのも事実。

 そして、お互いが生きていないとできないことだからね。  
 もし人身売買で売られていたりしたら、こき使われて早死にしていたかもしれないし、両親の方もずっと心労で亡くなっていなかった可能性だってあるよね。

  そう考えると、偶然が重なった奇跡とも言えるじゃないかな?

  いや〜、日本で言う二昔の歳月を経ての再会。
   日本社会とは違う中国社会を垣間見え、そこに人間のドラマがあったニュース。

   1つのニュースからも色々な事が見えてくるね!

 

 

 

 

 

 

6万人中1位!をとった 「1分間勉強法」が自宅で学べる!
| 24年ぶりの感動の再会 | 海外ニュース |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/749PAGES | >>