アジアサッカーの歴史を塗り替えた日本

JUGEMテーマ:サッカー日本代表

日本の勝利はアジアの歴史を変えた

    https://the-ans.jp/news/26913/  


サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は19日、1次リーグH組で日本がコロンビアに2-1で勝利した。

 2010年の南アフリカ大会で敗れていた相手に雪辱し、2大会ぶりの白星を挙げた。

 この勝利はアジア勢にとっても悲願だった。

 英国のデータ分析会社「オプタ」の公式ツイッターによると、アジア勢南米勢を相手にW杯で過去に17度戦っているが、3分け14敗で未勝利。

 全く歯が立っていなかったが、18試合目にして日本がついに高い壁を破った。

 日本は過去のW杯で南米勢と4度対戦し、1分け3敗。5度目の対戦で初白星を手にした。』  


  日本中がコロンビア戦の大金星に酔いしれた。

  実はこれ、日本だけの快挙じゃなかった。アジアの快挙でもあったのだ!
  アジア勢が南米勢をW杯で破った史上初の試合でもあったのだ。

  ロシアワールドカップ日本の初戦は、格上の南米コロンビア
  前回のブラジルワールドカップでもコロンビアとは第3戦に戦い、大差で負けている相手だった。

  しかも、今回はワールドカップ2か月前にハリルホジッチ監督を解任

  西野監督に急遽変わったが、最後の練習試合のパラグアイに勝つまで、今年に入ってから勝利が全くなかったのだ。

  それどころか、得点もほとんど取れていない状態が続いた。

  しかも西野監督が選んだのは、前回のブラジルW杯で主力だった選手が主だった。

  中島久保と言った若いストライカーを選ばなかったので話題性にも乏しかったし、今年に入ってからの得点力不足も露呈し、ワールドカップ直前の日本でもサムライブルーの前評判はかなり低かったというのが正直なところ。

  ところがである。
  試合展開は意外なものとなった。

  選手の自主性を重んじ、選手のコミュニケーションを大事にした日本は、徐々にチームとしてまとまってきた感はあったね。

  リオオリンピックの陸上男子400mリレーや今年の平昌オリンピックのパシュートのように、日本人の特性として自己犠牲ができるのでグループ競技には強い。

  1+1=2ではなく、3にできるぐらいのメンタリティーがある。



  3分で相手コロンビアのDFが一発退場となったラッキーな局面となったとはいえ、ボールを支配して終始押し気味に試合を続けていたよね。

  ファルカオ、ハメスと言った世界トップクラスのFWに仕事をさせなかった守りは褒められてしかるべし。

  南米と言えば、ブラジル、アルゼンチンと言った、W杯優勝を何度も成し遂げている強豪国と対戦して勝ち上がってからようやくワールドカップに出てくる。



  メッシ率いるアルゼンチン南米予選で消えるかもしれないという危機的状況もあったのだ。

  そんなレベルが高い南米の国々。 その南米アジア勢は何度挑んでも、厚い壁に跳ね返されてきた歴史がある。

  その歴史を打ち破り、新たな歴史サッカー界に刻んだのである。

  ただマスコミは「奇跡」を言う言葉をやたら使いたがるが、西野監督にはそれなりの勝利の青写真が描かれていたと思う。

  奇跡ではなく、西野監督の戦略が見事はまったという感じ。

  個々の能力や特色をよく観察し、対戦相手によってベストの組み合わせを考えた努力が実を結んだんだよね〜。

 

 

 

 

 

 

6万人中1位!をとった 「1分間勉強法」が自宅で学べる!
| アジアサッカーの歴史を塗り替えた日本 | スポーツ |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

レシートがお金になる!

JUGEMテーマ:ビジネス

レシートの写真ビジネス

 

 

 

 

 『突然だがみなさんは買い物をした際に渡されるレシートをどうしているだろうか?

 

 

 

  面倒くさがりな僕はたいてい「レシートはけっこうです」と言ってもらうことすらしないのだけど、家計簿に記録するために丁寧に保管している人もいれば、なんとなく財布の中に溜め込んでしまう人、すぐに捨ててしまう人などそれぞれだろう。

 

 

  そんなレシートは多くの人にとって日々の買い物(支出)の記録以上の価値はないかもしれないけれど、もしかしたら他の誰かからすればお金を払ってでも買う価値のあるものなのかもしれない。

 

 

  前置きが長くなってしまったけど、ワンファイナンシャルが6月12日に公開した「ONE」はまさにそのような世界観のサービス

 

 

  どんなレシートでも1枚10円に変わってしまうというものだ。 レシートが1枚10円になるカラクリ「きっかけはスイスの友人から現地の小銭をもらったこと」

 

 

  ――ワンファイナンシャルCEOの山内奏人氏によると、この出来事がONEのひとつのテーマでもある“価値の非対称性”に着目する契機になったという。

 

 

 「日本にいる自分にとってはスイスの小銭もただの金属の塊と変わらない。その時に自分にとっては価値がないけれど、他の誰かには価値があるものが面白いなと思った。

 

 

 普段多くの人が日常的に使っているもので同じような例はないか考えた時に浮かんだのが、レシートだった」(山内氏) 先にいってしまうと、ONEはユーザーから「レシートという形をした決済データ」を買い取り、そのデータを手に入れたい企業に販売していく構造になっている。

 

 

 

 近年パーソナライズという言葉が頻繁に使われるようになったように、大まかな統計データではなく個人個人の消費傾向を把握し、個々に最適な提案をすることが求められる時代だ。

 

 

 

 だからこそ「どんな人がどのタイミングで、どのような商品を買っているのか。その商品と一緒に買っているものは何か。といった購買データに価値がある」と山内氏は話す。

 

 

 ONEの機能はシンプルで、ユーザーはアプリからレシートの写真を撮影するだけ。買い物の金額や購入した商品数などの違いはなく、どんなレシートも1枚10円に変わる(アプリ内のウォレットに10円が振り込まれる)。

 

 

 

 ユーザー1人あたりが1日に撮影できるレシートは10枚まで。アプリ内に貯まったお金は300円から出金でき、メガバンクを始め国内ほぼ全ての民間金融機関に対応しているという。

 

 

 

 利用料等はかからないが、出金時の手数料200円についてはユーザーの負担となる。

 

 

 出金時には本人確認が必要になるため、ONEの運営側から見ればこのタイミングで大まかな属性データが取得できる。

 

 

 これを送られてきたレシートのデータと合わせて、決済データが欲しい企業へ提供していく仕組みだ。

 

 

 レシートからは金銭感覚や消費傾向がわかるため、マネタイズの方法としては取得したデータを純粋に企業へ売っていくというのがひとつ。

 

 

 そしてもうひとつ、特定のユーザーにクーポンを配信することで送客をするモデルも考えているという。

 

 

 目指すのは次世代の金券ショップワンファイナンシャルについては、同社が1億円の資金調達を発表した2017年10月に一度紹介している。

 

 

 当時16歳ながらすでに複数のサービス立ち上げを経験していた山内氏は、スマホ1台あれば数分でカード決済を導入できるアプリONE PAYを手がけていた。

 

 

 その後ONEPAYMENTへと名前を変えサービスを伸ばしていたが、それに伴い不正利用も増加。

 

 

 2018年4月には不正利用リスクが原因でStripe社から出金APIの利用を止められ、サービスを停止せざるをえない状況に陥った。

 

 

 一時は再開したものの不正利用のリスクは消えない。

 

 

 山内氏が「多くのユーザーに使ってもらっていたので申し訳ない気持ちはあったが、そのままの形で続けるのは難しかった」と話すように、最終的にはサービスの継続を断念。

 

 

 ユーザーへサービスの終了を通知していた(6月29日に決済機能を停止し、7月31日に出金を含むすべてのサービスを停止)。

 

 

 ONEPAYMENTはクローズすることになったが、決済データを活用したビジネスへの関心や、新しい金融の仕組みを作りたいという気持ちは変わらなかったという山内氏。

 

 

 

 上述の通りスイスの小銭がひとつのきっかけとなって、新しいサービスを立ち上げるに至った。

 

 

 ONEについてはどのような使われ方をされるのか予想できない部分もあるというが、将来的には「次世代の金券ショップのようなものを作っていきたい」という構想を持っているようだ。

 

 「多くの人にとってレシートはものすごく身近なものでもあるので、まずは第一弾としてレシートから。いずれはたとえばギフト券など、もっと多くのものを扱えるようにしたい。

 

 

 データがたまっていけば、与信スコアのような形でレシートの買い取り価格を変えたり、レンディングなど別の展開も考えられる。

 

 

 ここを中心に新しい金融の仕組みを作れるように、サービスを作りこんでいきたい」(山内氏)』

 

 

 

  独身者など多くの人が捨てているレシート

 

 

  そのレシートの写真を撮って送るだけで10円もらえる仕組み。

 

  考え方は非常にシンプル。

 

 

  レシートには多くの情報が詰まっています。 そのデータを集めて、企業に売るビジネスモデルですね。

 

  レシートにはどこで、何時に、どんな物を、いくら買ったのか。そんな情報の宝庫

 

  予め個人登録をしているので、ある程度の個人情報もわかっています。

 

 

  個人情報と言うよりも、ビッグデータをいかにまとめて企業の潜在顧客を見つけるのに役に立つ商品にするかですね。

 

 

 

  スーパーやコンビニなど、現代ではコードで全てのデータが取得される時代。

 

 

 

  個人としてはデータを取られるだけでなく、自分にも見返りがあるシステムは歓迎されるでしょう。

 

  一番驚いたのが、それが17才の発想と言うことです。

 

 

  その一方で、どこまで個人情報を開示するかと言う問題もあります。

 

 

 

  送ったレシートの数が溜まってくれば、どこで、何時に、どんな物を買っているかと言う個人の習慣や嗜好もわかってくるでしょう。

 

 

  手に入る金額に対して、それを安いと思うか、高いと思うかですね。

 

 

  いずれにしても、消費者側に選択肢が増えるのは良い事だと思います。

 

 

 

 

 

6万人中1位!をとった 「1分間勉強法」が自宅で学べる!
| レシートがお金になる! | ビジネス |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/756PAGES | >>