顔認証で本人確認の時代へ!

JUGEMテーマ:ビジネス

身分証明書がいらない時代

 

 

 『「顔の形と手のひら静脈」で本人確認を迅速に  顔の形と手のひらの静脈で本人認証し、手ぶらで瞬時に買い物の決済などができる初のシステムを開発したと、富士通研究所が4日発表した。

 

 

 

 多くの客が集まる店舗での売買や、イベント会場入場の際の本人確認を、クレジットカードや身分証明書の提示なしに迅速に行える。
 災害発生時にも、決済や預金引き出しが可能になるという。  

 

 

 顔認証は顔の向きや表情が毎回違うため、従来の技術では特徴を捉えて情報を処理するのに時間がかかった。

 

 

 同研究所は、背景や髪形など不要な情報をそぎ落として情報量を約10分の1にし、処理速度を約5倍に高速化。現在は認証に数秒かかるところを1秒未満にした。

 

 

 これに加え、手のひらの静脈を読み取ることで、本人確認の精度を高めた。  

 

 

 同研究所の安部登樹(なりしげ)・主任研究員は「実証実験などをしたうえで、2020年度中の実用化を目指したい」と話した。【斎藤有香】』

 

 

 

 身分証明書なしで本人確認ができ、預金引き出しも行える時代。

 

 

 

 そんな時代が目の前に迫っているようだ。 この手ぶらで買い物できたり、預金が引き下ろせたりすると、非常に便利になる。

 

 

 これって出入国管理から、イベント警備などにも活用できる。

 

 

 本人確認顔認証や静脈認証ですぐに行えるなら、日本人は日本出入国の時にパスポートにスタンプを自動的に押してもらえる機械があれば長蛇の列に並ばなくてもよくなる。

 

 

 顔は韓国人のように整形するとどうなのか微妙だけど、静脈の読み取りはかなり有効な気がするな。

 

 

 何より災害時や忘れた場合でも、すぐに本人だと確認してもらえれば時間的な無駄も大きく改善できる。

 

 

 

 

 緊急時には大きな成果が期待できる。 一方で、自分の個人情報を登録させられることに抵抗を覚える人も多いかもしれない。

 

 顔認証や静脈などを数値化して登録されると、個人情報が盗まれた場合、ちょっと怖い気もするね。

 

 

 また、悪用されないという絶対的な信用を国民から得られるかどうか。

 

 

 便利な世の中になる一方、セキュリティーを万全にしないと絵に描いた餅になりかねない。

 

 

 顔認証や静脈読み取りが実用化されれば、時間の大幅改善や人的ミスを大きく減らせる可能性もある。

 

 

 

 そのプラスマイナス両面からの慎重なアプローチが必要だね。

 

 

 

6万人中1位!をとった 「1分間勉強法」が自宅で学べる!
| 顔認証で本人確認の時代へ! | ビジネス |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

顔認証で本人確認の時代へ!

JUGEMテーマ:ビジネス

身分証明書がいらない時代

 

 

 『「顔の形と手のひら静脈」で本人確認を迅速に  顔の形と手のひらの静脈で本人認証し、手ぶらで瞬時に買い物の決済などができる初のシステムを開発したと、富士通研究所が4日発表した。

 

 

 

 多くの客が集まる店舗での売買や、イベント会場入場の際の本人確認を、クレジットカードや身分証明書の提示なしに迅速に行える。
 災害発生時にも、決済や預金引き出しが可能になるという。  

 

 

 顔認証は顔の向きや表情が毎回違うため、従来の技術では特徴を捉えて情報を処理するのに時間がかかった。

 

 

 同研究所は、背景や髪形など不要な情報をそぎ落として情報量を約10分の1にし、処理速度を約5倍に高速化。現在は認証に数秒かかるところを1秒未満にした。

 

 

 これに加え、手のひらの静脈を読み取ることで、本人確認の精度を高めた。  

 

 

 同研究所の安部登樹(なりしげ)・主任研究員は「実証実験などをしたうえで、2020年度中の実用化を目指したい」と話した。【斎藤有香】』

 

 

 

 身分証明書なしで本人確認ができ、預金引き出しも行える時代。

 

 

 

 そんな時代が目の前に迫っているようだ。 この手ぶらで買い物できたり、預金が引き下ろせたりすると、非常に便利になる。

 

 

 これって出入国管理から、イベント警備などにも活用できる。

 

 

 本人確認顔認証や静脈認証ですぐに行えるなら、日本人は日本出入国の時にパスポートにスタンプを自動的に押してもらえる機械があれば長蛇の列に並ばなくてもよくなる。

 

 

 顔は韓国人のように整形するとどうなのか微妙だけど、静脈の読み取りはかなり有効な気がするな。

 

 

 何より災害時や忘れた場合でも、すぐに本人だと確認してもらえれば時間的な無駄も大きく改善できる。

 

 

 

 

 緊急時には大きな成果が期待できる。 一方で、自分の個人情報を登録させられることに抵抗を覚える人も多いかもしれない。

 

 顔認証や静脈などを数値化して登録されると、個人情報が盗まれた場合、ちょっと怖い気もするね。

 

 

 また、悪用されないという絶対的な信用を国民から得られるかどうか。

 

 

 便利な世の中になる一方、セキュリティーを万全にしないと絵に描いた餅になりかねない。

 

 

 顔認証や静脈読み取りが実用化されれば、時間の大幅改善や人的ミスを大きく減らせる可能性もある。

 

 

 

 そのプラスマイナス両面からの慎重なアプローチが必要だね。

 

 

 

6万人中1位!をとった 「1分間勉強法」が自宅で学べる!
| 顔認証で本人確認の時代へ! | ビジネス |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/761PAGES | >>