韓国とイラン 険悪に

JUGEMテーマ:韓国ニュース

韓国外交 イランとも問題  

 

 

 

 

イラン外務省が先日現地駐在の韓国大使を呼び「イラン産原油と超軽質油の輸入代金を支払え」と強く抗議したことが13日までにわかった。代金はおよそ7兆ウォン(約6500億円)に達するという。

 

 

 

 イラン中央銀行なども韓国大使に「代金を決済するための韓国側の努力が足りない」と不快感を伝えたようだ。

 

 イランの様々な方面からの抗議に驚いた韓国外交部(省に相当)が先月末に急きょ特使を派遣し、問題の表面化を避けようとしたこともわかった。

 

 これについて韓国大統領府は12日、イランから近いホルムズ海峡を守る有志連合に韓国軍を派遣する方向で検討中と発表したため、これについてもイランからの激しい反発が予想されている。

 

 

 米国、中国、日本との関係が悪化する中、中東外交でも大きな問題が表面化しつつあるのだ。

 

 

 複数の関係筋によると、イラン外務省は先月中旬、テヘラン駐在のユ・ジョンヒョン韓国大使を呼び、IBK企業銀行ウリ銀行の口座に9年にわたり預けられているイラン中央銀行名義の預金およそ7兆ウォンについて、これを早期に引き出せるようにしてほしいと要求した。

 

 

 この口座の金利はほぼ0(ゼロ)のため、預金される期間が長いほどイランにとっては損失となる。 イラン外務省の関係者は「米国の制裁対象になっていない医薬品や食料品の輸出入代金の決済はその気になれば可能だ。ところが韓国政府はまともに対応しない」と主張している。

 

 

 イラン中央銀行イラン保健省などの関係者もユ大使に会って問題の解決を要請した。

 

 

 ソウルのイラン大使館も最近韓国外交部の担当者に何度も会い、韓国側の対応に数々の問題があると指摘したようだ。

 

 

 事態の悪化を受け、韓国外交部は先月25−27日にかつてイラン大使を歴任したソン・ウンヨプ韓国国際協力団(KOICA)理事をイランに派遣した。

 

 

 当時韓国外交部はソン氏が率いる使節団を「経済協力代表団」と説明し、通常の外交交流のように装った。

 

 

 しかしソン理事には何の権限もなかったため、この対応は逆にイラン政府の怒りに油を注いだようだ。  

 

 

 韓国外交部は「イラン側の立場は理解する」としながらも「米国の制裁によってイランの求めには全て応じられない」と説明している。

 

 

 ユ大使ソン理事イラン政府関係者に対し「最近米国の制裁が強化され、韓国の企業も銀行も完全に萎縮している」と説明したという。

 

 

 外交部は制裁対象になっていない品目の輸出入代金については早期に決済ができるよう米国側と協議を行う意向も伝えた。  

 

 

 今回の事態は今年5月、韓国米国から「イラン制裁の例外国」として認められなかった時から事実上予想されていた。

 

 

 当時、韓国は他の例外国とは違って制裁対象になっていない超軽質原油だけをイランから輸入していたため、韓国外交部は「韓国は例外国の延長が認められる可能性が高い」と自信を持っていた。

 

 

 ところが蓋を開けてみると例外国にならなかったため、韓国の企業と銀行米国による制裁の影響をまともに受けてしまい、韓国とイランの貿易も事実上の「断交」レベルとなってしまった。

 

 

 企業銀行もウリ銀行イラン中央銀行名義となっているウォン口座を事実上凍結し、貿易代金の決済も中断した。

 

 

 イランとの対立はホルムズ海峡への派兵問題も重なり、今後さらに悪化する可能性が高い。

 

 

 

 イランのロウハニ大統領は今年9月末の国連総会での演説で「(ホルムズ海峡に)外国の軍隊が駐留すれば、航海と石油運搬の安全が脅威にさらされる」と述べ、ホルムズ海峡の警備にあたる米国など各国による有志連合の結成に反対した。

 

 

 

 イランは先日韓国船を拿捕したイエメンの反政府武装勢力レバノンの武装勢力ヒズボラ、イラク政府などと緊密な関係を維持している。

 

 

 これについてある外交部OBは「韓国政府は今からでもしっかりと対処し、関係悪化を防がねばならない」と指摘した。』

 

 

 

 韓国イランから購入した原油と超軽質油の輸入代金を支払っていないようで、イランから強い抗議があったようだ。

 

 

 

 これも韓国外交の失点だが、北朝鮮一辺倒で本当に外交戦略に関して無策なんだなと呆れるような事態が続いているね。

 

 

 イランの様々な方面からの抗議に驚いた韓国外交部が特使を送ったとあるけど、約6500億円も滞納してればイラン政府が怒ることぐらい理解できなかったのだろうか?

 

 

 イランアメリカの敵国となっており、経済制裁もされている。だったら、尚更代金請求があると考える方が普通なのでは??? ちょっと理解に苦しむね。

 

 

 しかもそのイランの怒りを抑えるために送り込んだ特使が、ソン・ウンヨプ韓国国際協力団(KOICA)理事

 

 

 しかし、当時韓国外交部はソン氏が率いる使節団を「経済協力代表団」と説明し、通常の外交交流のように装った。 しかもだ。ソン理事には何の権限もなかったため、この対応は逆にイラン政府の怒りに油を注いだようだ。

 

 

 この記事が本当だとすると、韓国外国部ってバカなのと疑ってしまうんだけど。

 

 

 代金の支払いがないと怒っている相手に、何の権限も与えていない特使を送ったらどういう結果になるのか、わからなかったのかね?

 

 

 恐らく、イラン大使も務めたことがあるソン・ウンヨプ氏を送ったから、昔のよしみで何とか誤魔化してくれると都合よく思ったんだろうな、文大統領は。

 

 

 文大統領、お得意の妄想癖だね。

 

 

 

 これまでも、韓国の文大統領は自分の都合のいいように解釈して、国際社会の信用を失くしてきた経緯がある。

 

 

 

 今回だって、『韓国は他の例外国とは違って制裁対象になっていない超軽質原油だけをイランから輸入していたため、韓国外交部は「韓国は例外国の延長が認められる可能性が高い」と自信を持っていたが、蓋を開けてみると例外国にならなかった』とある。

 

 

 勝手に自己に都合の良い予想をしてその通りにならなかった時の対策が全くないと言うのが露呈した感じだね。

 

 

 今回の事は韓国のアメリカとの関係も大いに影響している。

 

 

 アメリカ文大統領を信用しなくなり、韓国と距離を置くようになった関係で、アメリカとイランの板挟みのような状態になっているみたいに思えるけどね。

 

 

 それにしても、韓国外交部は何の権限もない特使をイランまで送って、「イラン側の立場は理解する」としながらも「米国の制裁によってイランの求めには全て応じられない」と説明しているなんて、そんなのイランの怒りを助長するだけだと普通に考えてもわかるだろうに。

 

 

 

 日本の時と同じく、相手の気持ちは理解するとは言いながらも、怒っている相手に何の解決策も示さない韓国バカ外交。無能を通り越して、もう笑うしかない。

 

 

 

 日本をはじめ、アメリカ、中国、そして文大統領が恋焦がれている北朝鮮とも関係が悪化している韓国。

 

 
 この国際情勢文大統領はどう考えているのかな?

 

 そんな韓国の外交姿勢だと今後も世界中で摩擦を起こすと思うけど、残念ながらそれも理解できないくらいになっているらしいね、韓国外交部

 

 

 韓国国民経済面国際的信用面でどんどん自国のイメージがマイナスになっているということに対して、もっと怒ってもいいのではと思うんだけど。

 

 

 今後、韓国外交とともに韓国の内政がどうなるか、興味があるね。

 

 

 

6万人中1位!をとった 「1分間勉強法」が自宅で学べる!
| 韓国とイラン 険悪に | 世界情勢 |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/27PAGES | >>