宝くじ物語

JUGEMテーマ:宝くじ・ロト6

世界であった運のいい人

 

 

 

 

   【AFP=時事】フランス人男性が1年半の間に宝くじで2度、100万ユーロ(約1億3000万円)を当てた。仏メディアが6日、報じた。

 

 

 

  数学者によると、16兆分の1の確率の偉業だという。

 

 

  仏大衆紙パリジャン(Le Parisien)によると、東部オートサボア(Haute-Savoie)県在住のこの男性は2016年11月11日と今年5月18日の2回、宝くじ「マイミリオン(My Million)」に当せんした。  

 

  マイミリオン欧州12か国で週2回販売されている宝くじ「ユーロミリオンズ(Euromillions)」とリンクしており、フランスユーロミリオンズを購入すると、自動的にマイミリオンの抽選にも参加することになる。  

 

  ユーロミリオンズの当せん金は莫大で、1億ユーロ(約130億円)を超えることさえある。

 

  マイミリオンの当せん金は100万ユーロとなっている。

 

  ユーロミリオンズは数字選択式だが、マイミリオンの数字は自動生成される。

 

 

  パリジャン紙数学者の話として報じたところによると、マイミリオンの当せん確率は1900万分の1で、ユーロミリオンズの当せん確率は1億4000万分の1だという。

 

 

  同じ宝くじで2度の高額当せんを果たしたのはこの男性だけではない。

 

 

  オーストラリア人男性も先月、1週間のうちに同じ宝くじに2度当せんしている。

 

 

  このシドニーのボンダイ(Bondi)で暮らす40代の男性は、5月7日に102万487オーストラリアドル(約8400万円)を引き当て、そのわずか5日後の5月12日、145万7834オーストラリアドル(約1億2000万円)の賞金を手にした。【翻訳編集】 AFPBB News』  

 

 

 

 

  運のいい人っているんだなぁってニュース。  

 

  フランス人が同じ宝くじで1年半で、2度も高額が当たったって。

 

  その確率なんと16兆分の1。   

 

  今、世界の人口が76億人と言われている。  

 

  単純に割ったとして、世界人口の210倍もの人のうち1人だけという感じ。

 

  もう天文学的数字になって、全然ピンとこないレベル。  

 

  おまけに人生で2回というんじゃなくて1年半のうちに2回だからね。

 

 

  メチャ凄いと思っていたら、更に運のいい人がいた。

 

 

 

  運がいいというより、人生の運を全て使い切っちゃったんじゃないかというレベル。  

 

 

  なんとオーストラリアの男性が1週間で2回も高額当選を果たし、約2億円ゲット!  

 

 

  一気に億万長者の仲間入り。  

 

 

  1週間でこれだけ人生が変わった人も少ないだろうね。

 

 

 

  競馬や競輪、ボートなどと違って、自分の経験や読みは宝くじには活かせない。  

 

 

 
  宝くじって本当に運だけだと思うんだけど、確率的に言ってほぼ不可能な出来事を呼び寄せているこの事実。    

 

  世の中運がいい人っているんだね〜。  

 

  羨ましい!

 

  でも、こんな本も出ているだけど・・・。

 

   どういうこと?

 

 

 

 

6万人中1位!をとった 「1分間勉強法」が自宅で学べる!
| 宝くじ物語 | ビックリニュース |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/155PAGES | >>