ナイアガラの滝の衝撃事件

ナイアガラの滝への飛び込み

   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170617-00000032-jij_afp-int

『【AFP=時事】米・カナダ国境にあるナイアガラの滝(Niagara Falls)に救命具などを着けずに飛び込んだ人の中で初の生還者として知られた米国人男性が、今年4月に2度目の挑戦で今度はバルーン状の水上遊具の中に入って滝に飛び込んで死亡したとみられることが分かった。米メディアが報じた。


 現地当局や報道によると、ナイアガラ川(Niagara River)で最近発見された遺体の身元は、2003年に落差51メートルのナイアガラの滝に飛び込み生還したカーク・ジョーンズ(Kirk Jones)さん(53)であることが判明した。

 ジョーンズさんは4月19日に、ウォーターボールなどの名称で知られる、塩化ビニールなどでできた透明のバルーンの中に入って飛び込みに再挑戦したとみられており、滝の下では空のバルーンが発見された。


 2003年に普通の格好のままナイアガラの滝に飛び込み、滝の下の岩に泳ぎ着いたところを救助隊に発見されたジョーンズさんは、「渦があった。みんなが死ぬ理由が分かった。(渦から)逃れるのは難しい」と語っていた。【翻訳編集】 AFPBB News』

 ナイアガラの滝に自ら飛び込んで死んでしまったというニュース。 このカーク・ジョーンズさんは2003年にナイアガラの滝に飛び込んで生きて生還した人物


 ほとんどの人が死んでしまうというナイアガラの滝で、幸運にもせっかく生きて戻ってこれたのに・・・と普通の人は思ってしまうよね?

 渦があったから死亡率が高いというのがわかったということで、塩化ビニールなどでできた透明のバルーンの中に入って再び飛び込んだよう。

 これって、死ぬことよりも冒険心というか、ナイアガラの滝への「飛び込みへの挑戦」の方が勝っていたということだよね。

 偶然ナイアガラの滝に落ちたというのではなく、自らの意志で飛び込んだんだから。

 それにしてもねー。

 せっかく奇跡的にナイアガラの滝から生還していたのに・・・。

 2度目の挑戦でも生きて帰れたからと言っても、お金がもらえるとかの何か実質的実益があるわけではないと思うんだけど。

 完全な自己満足の世界だと思うんだけど、彼にはそれが命と引き換えに値したんだろうね。

 命の大切さを説く人にとっては驚愕の事件だよ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナイアガラの女王 [ C・V・オールズバーグ ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/6/18時点)

 

 

 

6万人中1位!をとった 「1分間勉強法」が自宅で学べる!
| ナイアガラの滝の衝撃事件 | ビックリニュース |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/148PAGES | >>