野生動物保護アジアライオン

JUGEMテーマ:絶滅危惧種について

インドライオン

 

 

 

 

 『【3月6日 AFP】インド西部の森林にのみ生息する絶滅危惧種のインドライオン(アジアライオン)の生息数が、600頭以上に増加し、危機に歯止めがかかっていることが分かった。

 

 

 

 同国グジャラート(Gujarat)州の州首相が6日、明らかにし、大規模な保護キャンペーンの成果を称賛した。

 

 

 かつて西南アジア全体に生息していたインドライオンは現在、同州のギル野生生物保護区(Gir National Park and Sanctuary)にのみ生息。

 

 

 狩猟や生息地への人間の進出により数が減少し、2000年には「絶滅危惧種」に分類された。

 

 

 だがビジャイ・ルパニ(Vijay Rupani)州首相によると、周辺エリアでは最近の非公式調査で600頭以上を数え、2015年の調査で確認された523頭から増加していたという。

 

 

 ルパニ氏は「地元住民の支援もあり、ライオン保護のための私たちの努力が良好な結果を生んだ。グジャラートでのライオンの生息数は現在、600頭に達した」と述べた。

 

 

 1960年代後半には、インドライオンの生息数はわずか180頭のみと考えられていた。(c)AFP』

 

 

 

 ライオンと言えば、すぐにアフリカの大地を思い浮かぶ人が多いだろう。

 

 

 

 しかし、地球上にはアフリカだけでなくインドにもライオンが生息している。

 

 

 アジアライオンともいわれ、アフリカライオンとは少し違った特徴を持っている。

 

 

 インドライオンアフリカライオンに比べ小さめで、オスのたてがみも短い。 生息地も草原ではなく、森や林などで暮らし、狩りも集団ではなく単独で行うとされている。

 

 

 かつてはインドだけでなく、イランや中東アジアにも生息していたというアジアライオンだが、今ではインドのグラジャート州など極一部にしか生息していない。

 

 

 ただ、野生動物保護の意識が高まった結果、インドライオンの数も少しずつ増えているようである。  昔はベンガルトラとの共存もあったようだけどね。

 

 

 野生のライオンと虎が同時に見られる国というのも珍しいよね。

 

 本当にインド野生動物の宝庫だと思うな。

 

 

 

 

 

 

6万人中1位!をとった 「1分間勉強法」が自宅で学べる!
| 野生動物保護アジアライオン | 動物 |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/37PAGES | >>