イギリスBBCが韓国の悪行を暴露

韓国兵士のレイプ 

 

 

 

 『英国の公共放送である英国放送協会(BBC)が3月にベトナム戦争当時の韓国兵による女性への性的暴行を特集で伝えたことが、日韓外交の関係者らの間で反響を呼んでいる。

 

 

 韓国政府国連の場でも、旧日本軍のいわゆる慰安婦問題を再三取り上げてきたが、ベトナムでの自国兵の行為について謝罪はしていない。

 

 

 BBCは、韓国の二重規範についても指摘している。

 

 

 BBCは3月27日、ウェブサイトに、「1968−何百人もの女性を苦しめた年」と題した記事を掲載し、韓国軍兵士から被害を受けた2人のベトナム人の境遇を詳しく伝えた。そのうち1人は性的暴行を受け、3人の子供を身ごもった女性だった。

 

 

 ベトナム戦争時に韓国軍兵が現地の女性を性的に暴行するなどして生まれた混血児は、「ライダイハン」の蔑称で呼ばれ、ベトナムで差別を受けてきた。

 

 

 その数は定かでないが、5000〜3万人に上るとの説がある。

 

 

 

 記事は、ライダイハンとその母親や家族らが差別などで苦しんできたことに触れ、「韓国人に何が起きたのかを認めてもらう必要がある」との被害女性の訴えを紹介。

 

 

 

 ストロー元英外相が「国際大使」として関わる民間団体「ライダイハンのための正義」が、国連人権理事会による調査や韓国側の謝罪を求めていることも伝えた。

 

 

 さらに「韓国は、第二次世界大戦中に、何十万人もの韓国人女性が性奴隷として働かされたことをめぐり、謝罪をするよう何十年も日本に働きかけてきた」と指摘。

 

 

 「何十万」という数字や「性奴隷」といった表現には問題があるものの、日本に謝罪を求めながら、自らの問題には頬かむりする韓国の姿勢を浮かび上がらせた。

 

 

 

  韓国の文在寅(ムンジェイン)政権は、慰安婦問題をめぐる日韓合意を事実上白紙化

 

 

 

  康京和(カンギョンファ)外相が3年連続で国連人権理事会で慰安婦に言及するなど問題を蒸し返してきたが、韓国軍によるベトナムでの広範な性暴力については認めていない。

 

 

 海外の主要メディアがこの問題を報道したことについて、外務省幹部は「韓国が提起する慰安婦問題が相対化され、『韓国が言っていることは眉唾ではないか』と思う人が増えるのではないか」と話している。(原川貴郎)』  

 

 

 

  ヨーロッパのマスメディアの中でも最高クラスの権威がある英国放送協会(BBC)が、ベトナム戦争での韓国兵士の悪事を追求した。

 

 

 

  韓国文政権になって、日韓で合意していた慰安婦合意を一方的に覆し、慰安婦問題を蒸し返し続けてきた。  

 

 

  国連などでもアピールし、アメリカなどでは韓国系住民の後押しを受けて慰安婦像が設置されてきた。  

 

 

  日本は戦後、多額の金を援助して韓国の戦後復興を助けてきた。  

 

 

  ところが韓国政府は経済的に力をつけてきたら、今度は一転問題を蒸し返して金をせびろうと言ったことを行っていた。

 

 

  日本が戦時中、韓国に迷惑をかけたのは事実だから反省すべきところは反省しなければならないが、文政権の態度は到底許すことができない。

 

 

 どうして韓国政府にここまでされているのに、日本政府ベトナム戦争当時のライダイハンのことを持ち出さないのか、個人的には不満だった。

 

 

 それはベトナム戦争当時、韓国兵士がベトナム人女性をレイプしたという事実である。

 

 

 そして、その混血児ライダイハンとしてベトナム社会で差別される存在であった。

 

 

 これはどういうことかというと、75年前の第2次世界大戦の日本のことを散々酷く言っている韓国は、その後に自分達の兵士が国際社会日本を非難し続けている同じことをやっていたということなのだ。

 

 

 ベトナム政府韓国政府に強く言わないのをいいことに、二重基準(ダブルスタンダード)を貫いてきた事実が世界中に明らかになった。

 

 

 韓国人に中にもライダイハンの事を知っていて、酷いと言う常識的な人は一定数いる。だけど、文政権韓国人兵士のベトナム人女性へレイプをなかったことのように無視を決め込んでいる。

 

 

 

 

 欧州の中でも影響力があるイギリスの国営放送(BBC)が番組を流したインパクトは大きい。
 同じマスメディアでも、ゴシップを取り扱う雑誌などが取り上げたのとは訳が違う。

 

 BBCと言えば世界中に視聴者がいて、一定の権威もある放送局。 日本で言えばNHKのような存在だが、英語での放送の影響力はNHKの比ではない。

 

 

 これで文政権がどう動くか。

 

 

 恐らく知らぬ存ぜぬで無視を決め込むとは思うけど、韓国政府の主張に一定の疑問符が打ち込まれたのは間違いない。

 

 

 韓国政府は変わらなくても、世界の反応は変わってくるだろう。

 

 

 こういう事件は、日本だろうと韓国だろうと悪いことは悪い。

 

 

 ただ、今の韓国・文政権は自分達の都合のいい事でしか判断したり行動したりしないから、そもそも日本政府とは話し合いにならない状況が続いている。

 

 

  政府より裁判所の判決が優先されたり、国際条約より韓国世論の流れが優先されたりね。独立国家としてどうなのと言う所が満載だからね。

 

 

  そういう意味では、今回の英国放送協会(BBC)の放送は、韓国政府にとって衝撃的な事件だと言えるね。

 

 

 日本にばかり謝罪させて、自分達は韓国兵士のやった悪行ベトナム政府に謝罪しないというのは筋が通らない。

 

 

 

 日本人、韓国人共はこういう事実もしっかりと認識して、お互い将来に向かって意味ある関係を築く土壌作りのきっかけになってほしいな。

 

 

 

 日韓関係悪化は、韓国経済にも影響しているのは明白。

 

 

 ウォン安外国投資家韓国から逃げることの懸念から、韓国政府日本政府スワップ復活を間接的に依頼しているみたいだしね。

 

 

 文政権日本の世論という点も考慮に入れないと、増々自分の首が締まるように思えるんだけど。

 

 

 正直、今の文政権には全く期待できないから、日韓の未来の関係を良くするためには、日本人、韓国人双方の一般常識人が何が大切かを理解して、歩み寄っていくしかないかな。

 

 

 

6万人中1位!をとった 「1分間勉強法」が自宅で学べる!
| イギリスBBCが韓国の悪行を暴露 | 国際 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/169PAGES | >>