<< 中国裏事情 | TOP | これからの観光誘致の形 >>

カンヌで審査員賞受賞

JUGEMテーマ:映画賞・映画祭

カンヌで絶賛の「そして父になる」

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130528-00000117-san-soci


 『父と子の絆を問う物語が、国境を越えて高く評価された。

  第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した是枝裕和監督の「そして父になる」

 「家族」という、時代も国境も越える普遍的なテーマを見つめてきた是枝監督に、カンヌは称賛を送った。

   昭和40年代ごろに日本でも実際にあった「新生児の取り違え事件」がモチーフになった作品。

  わが子の取り違えの事実を知ったエリート男性が、「血」か「共 有した時間」かという非情な選択を迫られるうち、「本当の父親とは」という人間の普遍的なテーマに気付いていく姿を描いた。

  地元メディアは「限りない優しさ、家族愛を描き出している」(ルモンド紙)、「『人は一人で父になるのではなく、子供によって父親にしてもらう』というメッセージだ」(ルポワン誌)と高く評価した。

  今回、審査員を務めた河瀬直美監督は「『そして父になる』というタイトルどおりの過程を一歩一歩踏み込んでいく作品の構築の仕方が優れている」。

  是枝作品のスタッフも務めた西川美和監督は「どこの国にも家族という形態があり、誰もが葛藤を重ねて親になる。それを正面から捉えていることが受け入れられたの では」と分析した。

  作中では子役の自然な演技と、都会と地方という舞台設定の巧みさも光る。

  都会が人間性を奪うことを示唆する描写は、小津安二郎の「東京物語」を想起させる。同作が海外で絶賛されていることは、今回の受賞と無縁ではないだろう。

  ■その他の主な受賞  最高賞パルムドール=「アデルの人生」(アブデラティフ・ケシシュ監督)▽審査員特別大賞=「インサイド・ルウィン・デイビス」(コーエン兄弟監督)▽ 監督賞=アマット・エスカランテ監督(「エリ」)▽脚本賞=「ア・タッチ・オブ・シン」(ジャ・ジャンクー監督)▽女優賞=ベレニス・ベジョ(「過 去」)▽男優賞=ブルース・ダーン(「ネブラスカ」)


   第66回カンヌ国際映画祭で是枝裕和監督の「そして父になる」が審査員賞を受賞した。

  カンヌ映画祭は、フランスのコートダジュールのカンヌで毎年行われている有名な国際映画祭

  カンヌ映画祭は、ドイツのベルリン映画祭、イタリアのベネチア映画祭と並んで世界3大映画祭の一つで、一流の俳優やマスコミ、映画関係者が世界中から集まり注目度も非常に高い。

   そこカンヌ是枝監督の「そして父になる」が高い評価を受けた。
   新生児の取り違え事件から父親とは何かを考えさせられる作品だと言う。

   日本人としては、日本人監督が撮った映画が賞賛されるのはやっぱり嬉しいよね。

   日本では福山雅治が出たのにも注目が集まっているよね。


   おめでとう、是枝監督!
6万人中1位!をとった 「1分間勉強法」が自宅で学べる!
| カンヌで審査員賞受賞 | 芸能・音楽関係 |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

6万人中1位!をとった 「1分間勉強法」が自宅で学べる!
| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック