<< 強風の雨でも大丈夫な傘 | TOP | 加藤夏希のコスプレ >>

ボクシング ダブル世界戦のエッセー

JUGEMテーマ:ボクシング


ダブルタイトルマッチ
 坂田、内藤の両王者が防衛


WBA坂田、WBC内藤のチャンピオンが、防衛を果たしました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080730-00000023-maiall-spo


  『世界ボクシング評議会(WBC)世界ボクシング協会(WBA)フライ級ダブルタイトルマッチが30日、東京・代々木第1体育館で行われ、 WBC王者の内藤大助(33)=宮田=はWBC13位の清水智信(27)=金子=と対戦。

  内藤が十回57秒KOで清水を降し、3度目の防衛に成功。33歳11カ月での世界王座防衛で、自身の持つ国内最年長記録(33歳6カ月)を更新した。


 トリッキーな動きを見せる内藤に、清水が冷静に対処するという展開が続いたが、10回に内藤の右が入り、ダウンを奪った。その後、内藤がラッシュで2度目のダウンを奪うとそのままKOとなった。



  WBA王者の坂田健史(28)=協栄=は、WBA3位の久高寛之(23)=仲里・ATSUMI=を判定で破り、4度目の防衛を果たした。

 ◇

 試合後の勝利者インタビュー中に、初防衛戦で問題となった亀田大毅選手の兄、興毅選手がリングに上がり、内藤選手の手を高々とかかげ、祝福するサプライズもあった。』



 WBCとWBAのダブルタイトルマッチ
 同じフライ級で挑戦者を含む全員が日本人の対戦。


 結果はWBAの坂田、WBCの内藤世界王座を守って、チャンピオンベルトを再び巻いた。


 ダブル世界戦を見た感想としては、WBAの坂田はうまさはあったけど、パンチ力がない。一般のボクシングファンには面白みがないボクシングだった。


 一方、WBCの内藤
 内藤有利の前評判を覆す挑戦者清水の前にポイント数でリードを許す苦しい展開。


  今回のように途中で3人の審判がどのように点数をつけているかわかれば、見ている者にもよくわかる。


  これはボクサーにとってもいいのではないか?


  ポイント数を聞いて、油断する者、焦る者、奮起する者。
  色々だとは思うけど、以前以上にボクサーの精神力が試されるような気がする。


  内藤のKO劇も、もしかしたらこのポイント数を場内アナウンスするシステムのお陰かもしれない。


  セコンドサイドと審判の点数が違っているのは、よくある事。
  セコンドサイドがちょっと有利だと判断すれば、確実にポイントをとれるボクシングを展開するだろう。


  しかし、今回はオープンにされた。

  しかも9回を終わって、3人の審判が挑戦者の清水が勝っているという判定。


  これを聞いて内藤陣内は焦っただろう。
  これがKO劇に影響したと思う。


  しかし、内藤のKOがこれだけのお陰だと言うつもりはない。


  アナウンスを聞いて奮起できるだけの精神力、倒せるだけのパンチ力が内藤に備わっていないと、いくらアナウンスでポイント数を聞いてもKOはできない。


  ダブル世界戦だったが、この日の主役は間違いなくWBC王者、内藤だったね。


  WBC王者・内藤の著書がダウンロードで読めるよ。
      いじめられっ子のチャンピオンベルト



   最後、同じフライ級のチャンピオンを目指す亀田興毅がリング上に上がってきて内藤の勝利パフォーマンスをしたが、亀田内藤とやりたいんだろうね。


   共栄ジムの金平会長は、WBA王者の坂田を無視されたようで亀田の態度に怒っていたけど、ファンを喜ばすにはテクニックがうまいだけじゃなく、一発で倒せるパンチ力が必要だと思うのは僕だけだろうか?

6万人中1位!をとった 「1分間勉強法」が自宅で学べる!
| ボクシング ダブル世界戦のエッセー | スポーツ |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

6万人中1位!をとった 「1分間勉強法」が自宅で学べる!
| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ