<< ITかくめいのスポーツテック | TOP | ラグビーW杯 優勝候補を撃破 >>

国連スピーチの影響

JUGEMテーマ:アスペルガー症候群

国連で温暖化を訴えた少女が別の意味で凄い! 


  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-00010005-huffpost-int&p=2

アスペルガーでなかったら、こうして立ち上がることはなかったでしょうーー。 9月23日にニューヨークの国連本部で行った演説が、大きな反響を呼んでいるグレタ・トゥーンベリさん。

 しかし、彼女が動かしているのは、温暖化問題への人々の関心や行動だけではない。

 その強い意思と行動力は、「障がいとは何なのか」という問いを全世界に投げかけている。

 グレタさんは、その地球温暖化対策を訴える行動が評価され、2018年3月にはノーベル平和賞にノミネートもされた。

 彼女の呼びかけはシンプルだ。 「地球温暖化が私たちの生存を脅かす重大な問題ならば、どうして私たちは行動しないのでしょう」

 BBCによると、始まりはスウェーデンで総選挙が迫っていた2018年8月。グレタさんは、「気候のためのスクールストライキ」というプラカードを掲げて、ストックホルムの国会議事堂の前で座り込んだ。

 それは、ストライキ総選挙までの2週間、毎日続いた。その後も、彼女は毎週金曜日には学校を休んで、座り込みを続けている。

 彼女の行動はまたたく間に世界中に広がり、地球温暖化対策を求める大規模な抗議運動へと発展した。

#FridayForFuture 」というハッシュタグと共に、欧米を中心に多くの若者が運動に参加し、その様子をSNSで発信している。

 グレタさんは12月には、ポーランドで開かれた会議COP24(通称:国連気候会議)、2019年1月にはダボス会議(世界経済フォーラムの年次総会)で演説した。

 グレタさんは、アスペルガー症候群と強迫性障害選択的無言症であることを公表してる。

 アスペルガー症候群とは、知的障害を伴わない自閉症のこと。東京都自閉症協会によると、対人コミュニケーションが苦手、興味の対象が限定的、などが主な症状だという。

 しかし、グレタさんは言う。「アスペルガーは病気ではなく、1つの才能。アスペルガーでなかったら、こうして立ち上がることはなかったでしょう」と。(本人Facebook 2/2の投稿より)

 アスペルガーだからこそ、人とは違った視点で世界が見れるのです。もし私がアスペルガーでなかったら、そんな風に世界を『外側から』見れなかったでしょう  スウェーデンのTVトークショー「Skavlan」より 

 私のようなアスペルガーの人間にとっては、ほとんど全てのことが白黒どちらかなのです。私たちは嘘をつくのがあまり上手ではありません (中略) 私にとってこれ(地球温暖化)は白か黒かの問題です。生き残りの問題となればグレーな部分はありません  Greta Thunberg TEDより

 「正直すぎること」もアスペルガー症候群の特徴の1つだ。これは、コミュニケーションにおいては「空気が読めない」という欠点になるが、「社会のルールや常識にとらわれず、思ったことをはっきり言える」という利点にもなり得る。

 グレタさんの「温暖化はこれほど深刻な問題なのに、なぜ私たちは行動を起こさないの」というまっすぐな問いかけは、「正直で」「白黒つけないと気が済まない」というアスペルガー症候群の彼女の個性からきているのかもしれない。

 一方で、グレタさんは障がい者としての生きづらさも語っている。 (アスペルガーなどの)自閉症であることは、学校や職場、そしていじめとの終わりなき闘いです (本人Facebook 4/2の投稿より)

 それでも、 正しい環境下で、正しく適応すれば、(自閉症であることは)スーパーパワーとなり得るのです (本人Facebook 4/2の投稿より) とも。

 
 実は著名人にも、発達障害を公表している人は多い。世界的な映画監督スティーブン・スピルバーグは失読症を、経済評論家の勝間和代さんや女優の黒柳徹子さんも、ADHD(注意欠陥・多動症)であることを公表している。

 障がいは、「ネガティブ」ではない。むしろ、「世界を動かすほどのパワーをも秘めている」、そんな事実をグレタさん自身が証明している。

アスペルガーは才能」 「アスペルガーであることは私の誇りです」(本人Twitter 4/2の投稿より)

 彼女の存在によって、世界の「障がい」の受け止め方がひとつ変わるかもしれない。 Haruka Yoshida/ハフポスト日本版』

 僅か16歳にもかかわらず、国連で地球温暖化について訴えたグレタ・トゥーンベリさん。

 その行動力の凄さには世界中が注目している。
 どうしてグレタ・トゥーンベリさんがここまでできるのか?

 その1つの答えが、グレタ・トゥーンベリさんはアスペルガー症候群だということだ。 アスペルガー症候群と言うと障がいばかりがクローズアップされがちである。

 しかし、グレタ・トゥーンベリさんを見て、世界の人達が別の見方をし始めている。 グレタ・トゥーンベリさんの言う通り、アスペルガー症候群は才能なのではと。

 アスペルガー症候群とは知的障害を伴わない自閉症のことで、一般に空気が読めないという欠点が指摘されている。

 ただ、「空気を読むこと」が必ずしもいいとは限らない。日本でも忖度ということが色々批判されたこともある。

 相手を思いやる心は大事だが、相手ばかり見て物事の本質を見ないようになっても困る。

 アスペルガー症候群のグレタ・トゥーンベリさんは、人目を気にせず、正しいと思ったことを行動に移した。 それが、世界中に広がって大きな波を生み、ついには国連で演説するに至った。

 16歳の少女が最初は1人で行動した結果、世界中の多くの人に支持されてきている。もう革命に近い、凄いパワーじゃない?

 日本で16歳と言えば、高校1年生だよね。 1人でここまで行動できる人っていないよね。

 もう一度言うけど、この問題はがグレタ・トゥーンベリさん1人でおかしいと、2018年8月にスウェーデン議会前で1回目の気候変動問題のための学校ストライキを行ったことから始まったのだ。

 「空気を読めない」「正直」というアスペルガー症候群の特徴が、良い方向に出たと言えるのではないだろうか。

 ということは、アスペルガー症候群の人達は障がい者という面だけでなく、凄い改革ができる能力を秘めた人達かもしれないという見方ができるのだ。

 言いにくい事を言いにくい人に、正しいと思ったことをきちんと話ができて、行動に移せる人は稀だよね。 その分、いじめにあったり、変人扱いされたりと辛い目に遭う可能性も高くなるんだから。

 そういう意味では、アスペルガー症候群の人達って、凄い改革を行える人達なのかもしれない。

 多角的に物事を見なければならないと警告を与えた意味でも、グレタ・トゥーンベリさんの貢献は大きいね。

           

6万人中1位!をとった 「1分間勉強法」が自宅で学べる!
| 国連スピーチの影響 | 海外ニュース |
| - | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

6万人中1位!をとった 「1分間勉強法」が自宅で学べる!
| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
この記事のトラックバックURL
http://koukishin1.jugem.jp/trackback/1560
トラックバック