<< 幕尻力士が涙の優勝 | TOP | 信じられないマスク争奪戦 >>

コービー・ブライアントの壁紙に注意

JUGEMテーマ:仮想通貨 マイニング

有名人に便乗したマルウェア

 

仮想通貨のマイニングを実行させるマルウェアが、先日ヘリコプター事故で亡くなったNBAレジェンド「コービー・ブライアント」の壁紙で発見された。

 

 

 米マイクロソフトのセキュリティチームは31日、「サイバー犯罪レジェンドの不運が利用されている」と伝え、悪意あるHTMLファイルを発見したと報告。壁紙になりすまし、仮想通貨のマイニングを実行するようになっていると仕組みを説明している。

 

 

 今回のマルウェアに使われているスクリプトには、ウェブサイトの訪問者仮想通貨モネロ(XMR)マイニングさせる「CoinHive」の名称が含まれているという。

 

 

 しかし、このハッカーがよく利用するCoinHiveは、2019年3月にサービスを終了している。

 

 

 

 仮想通貨のマイニングを実行するスクリプトを隠すために著名人の写真が利用されるのは、これが初めてではない。

 

 

 

 昨年12月には、マルウェアを拡散するために、テイラー・スウィフト(愛称:TayTay)の写真が利用された。

 

 

 またXMRのマイニング用マルウェアを仕込むために、今年のオスカーにノミネートされている女優スカーレット・ヨハンソンの写真が使われたこともある。』  

 

 

 

 NBAのレジェンドだった「コービー・ブライアント」ヘリコプター事故で亡くなったニュースはアメリカだけでなく、日本でも大きく取り上げられた。

 

 

 

 バスケットボールファンには、いまだにコービー・ブライアントの死は大きな衝撃だった。

 

 

 そのNBAのレジェンドであるコービー・ブライアントの壁紙マルウェアを仕込んでいたのが発見された。人の感傷を利用した最悪のケース。  傷口に塩を塗るような悪質な手口だ。  

 

 

 

 そのマルウェア暗号通貨のマイニングを自動的にさせるもの。

 

 

 

 暗号通貨ビットコインリップルなどが有名で、アメリカのドル日本の円などの法定通貨に対する言葉。

 

 

 マイニングというのは、暗号通貨の新規取引情報を解析し、ブロックチェーンを作成する作業で、膨大な量の計算が必要となるため、計算資源を提供した者には報酬としてその通貨が与えられることになっている。

 

 

 ここでいう膨大な量の計算が必要というのがミソで、マルウェアで色々なPCを使って早く計算しようということ。

 

 

 マルウェアにかかったPCは、それに気づかないかもしれないがPCのパフォーマンスは落ちる。

 

 

 当然だよね。 

 

 容量を勝手に使われているんだから、スピードが遅くなったりするなど支障が出てくる。

 

 モネロ(XMR)マイニングさせる「CoinHive」の名称が含まれていたというから、モネロをマイニングしていたんだろう。

 

 

 マルウェア対策は難しく、気づかないこともある。  

 

 

 今回もサイバー犯罪で、NBAレジェンドのコービー・ブライアントが狙われたわけだ。

 

 

 犯罪者というのは、こういう人の不幸を利用して自分の利益に結びつけようとする。

 

 本当に腐った人間のすることだね。
6万人中1位!をとった 「1分間勉強法」が自宅で学べる!
| コービー・ブライアントの壁紙に注意 | 仮想通貨 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

6万人中1位!をとった 「1分間勉強法」が自宅で学べる!
| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ