<< ザックジャパン W杯へ神風 | TOP | カジノに放火 >>

座礁した驚くべき理由

JUGEMテーマ:北欧 フィンランド

 
 フィンランド船の座礁理由は・・・
 
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110822-00000953-reu-int


  『[ヘルシンキ 19日 ロイター] 乗客54人を乗せたフィンランドの観光フェリーが、船長がトイレに閉じ込められ、座礁した。フィンランドの沿岸警備隊が19日明らかにした。

  座礁により一部の乗客が軽傷を負ったほか、フェリー内の食器などが破損した。  

  船長不在の中、乗船スタッフがフェリーの減速に成功。ただ、フェリーは停止することなく、ヘルシンキ近郊の海岸にある岩にぶつかり、座礁した。

  沿岸警備隊によると、船長は鍵の壊れたトイレから出ることができず、助けを求めていたという。

  沿岸警備隊は、船長の行動を結果的に危険をもたらす行為だとして犯罪性があったかどうかを捜査している。』  



  フィンランドの観光フェリーが座礁したらしい。 その原因は何と船長がトイレに閉じ込められたからとのこと。トイレの鍵が壊れて閉じ込められた結果、フィンランドの首都ヘルシンキ近郊の岩にぶつかって座礁したなんて・・・。おいおい。


  フィンランドの沿岸警備隊は、船長の行動を結果的に危険をもたらす行為だとして犯罪性があったかどうかを捜査しているとの事だが、僕は何かポイントが違う気がするな〜。
 
  観光船を座礁させた責任は確かにあると思うけど、犯罪性があったかどうかを調査なんて・・・。トイレに鍵が壊れたんじゃ仕方がない気がするけど。 船長と言えども、トイレに行かないわけにはいかないだろう。


  それより、船長がいなければ、誰も座礁を回避できないスタッフの構成事態に問題があると思う。少なくとも、一人ぐらいは船の操縦ができてイザと言う時は役に立つ人間が必要だ。
 

  今回はトイレに閉じ込められたとい無様なニュースになったけど、もし船長が急に具合が悪くなって倒れたとか、転んで頭を打ったなんていう非常事態が起こらないと言う保証が一体どこにあるのだろう?


  つまり、船長がいなければ座礁もやむなしというスタッフの体制事態に問題があるのだ。

  フィンランドの冬に海に放り込まれたら、確実に体温低下で死ぬんだから、それぐらいの安全対策は必要だと思うけどね。
 
6万人中1位!をとった 「1分間勉強法」が自宅で学べる!
| 座礁した驚くべき理由 | 海外ニュース |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

6万人中1位!をとった 「1分間勉強法」が自宅で学べる!
| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック